設計事務所の東京・龍美一級建築士事務所

の評判

東京都内の園リフォームも設計事務所として承ります

保育園・幼稚園を新設するにあたってお困りのことがございましたら、建物の設計だけでなく資金計画の段階からご相談にお乗りすることができます。これまでに多くの園を設計し、運営のサポートを行ってきた実績がございますので、初めての運営でわからないことばかりという場合も何かお力になれることがあるかもしれません。

園内の設備が古くなったので新しくしたいといった場合のご相談や、建物が老朽化してきたのでリフォームを行いたいといったご相談も東京都内を中心としたエリアに向けて提案する設計事務所として承っています。

東京に向け提案する設計事務所を営み設備の更新なども受付

「リフォームを行うほどではないけれど、一部の設備が古くなってしまったので新しくしたい」といったご要望も承っています。造作家具や遊具・園内設備などは毎日園児や先生方の使用する場所ですので、建物と同様に常に安全性が保たれていなければなりません。棚がぐらつく・遊具の一部が破損している・壁や床に穴が空いているなどの状態を放っておくと、そこを利用しようとした子供たちに万が一のことが起こる可能性もあり得るのです。

先生方の数は限られており、すべての園児を保育中つきっきりで見ているということはとても難しいことでしょう。保護者の方からお預かりしている大切な園児たちをしっかりと守るためにも、破損個所は早急に直す必要があります。もちろん設備の破損や不具合以外にも、「古くなって使い勝手が悪くなったので交換したい」といったご要望にもお応えしており、園児や先生方の目線に立った使いやすいデザインを提案いたします。

設計事務所を営み園のリフォーム工事も東京を中心に承ります

保育園や幼稚園の老朽化をそのまま放っておくと、地震や台風といった災害時に建物が崩れる・破損するなどの事態が起きてしまい、大切な園児の身を危険に晒してしまう可能性があります。また古くなった建物は昔の基準で建てられている可能性が高いため、現在の使用用途には合わない・不便に感じるといった問題もあることでしょう。

そんな不安や問題点を解消すべく、建物の老朽化が目立つ園や認定こども園などには早めのリフォームをおすすめしています。新築の設計だけでなく一部・あるいは全体のリフォームについての設計も行っていますので、「そろそろ建物をきれいにしたい」とお考えでしたらぜひご相談いただけましたらと考えています。現在利用されている建物の特性を十分に生かしながら、そこで活動する園児たちの保育プログラムや生活リズムが大きく変わってしまわないよう十分に配慮し、安心・安全な建物へとリフォームするプランを提案します。

千葉で設計事務所を営み資金計画の相談を東京中心に受付

幼稚園や保育園の運営にあたって経営者の皆様が最も不安に感じられることは、何よりも資金計画についてでしょう。児童福祉法に基づいて設置された児童福祉施設である認可保育園でしたら公的な施設として認められ、国や自治体などから補助金が給付されますのでそこに保育料を合わせることで施設の経営を行うことができます。一方で未認可の園ですと経営にかかる費用のほとんどを保育料から賄わねばならないため、いかにして園児を集められるかがカギとなってまいります。

園を建設される周辺の状況はもちろんのこと、どれくらいの園児が集まる見込みか・職員の数はどれくらいかなども考えながら、園の経営について・資金計画についてをしっかりと見据えて建築にかかる費用を考慮し、東京都を中心としたエリアで園のデザイン・設計を行っていきます。また同時に資金計画に基づいたブランディングについても、千葉にて設計事務所を営みサポートいたします。